HSPと第六感(磁覚)

(2022年7月3日更新)

HSPの強みについて書かれたこちらの本によると、繊細さんにはスピリチュアルな感覚、霊感に敏感なタイプもいるようです。

www.amazon.co.jp

けれど、魂や死後の世界が本当にあるかどうか確証が持てなくて。

思い当たる何かを感じたことがあるにもかかわらず、これは気のせいだと。

心の奥にしまいこんでしまったことはありませんか。

変な人と思われたくないから誰にも相談できない。

もしかしたら、そんな悩みをかかえていないでしょうか。

 

同じような繊細さんが自分の霊的な感性を少しだけでも信じてみるきっかけになれたらと。

霊感やスピリチュアルな世界が客観的にどこまで明らかになっているか。

調べたことをまとめてみようと思います。

 

まず、霊感は第六感と言われることがあります。

これについては実際に磁覚として発見されていました。

2019年3月、東京大学と米カリフォルニア工科大学などの共同研究チームによる発表です。

研究によると、人間にも磁気を感じ取る力があるそうです。

www.sankei.com

磁気は上記の本でも紹介されている、TMS治療(磁気刺激治療)にも使われるエネルギーですね。

「TMS治療を試すための研究実験を開発中に、HSPの人の脳で活発に働いている領域を発見しました」とのこと( 「繊細さん」の4つの才能 [p.59])。

 

磁気という言葉は霊界通信の中にも登場します。

「いったん霊界との磁気的なつながりが出来あがると、それは二度と切れることはありません。霊力というのに接し、その影響力によって感銘を受ける段階に達していれば、その段階で出来あがったつながりは二度と解消されることはなく、いつでも霊的なものを認識できる状態が保たれます」

スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ 第3章)

www.amazon.co.jp

 

同じ磁気というキーワードがそれぞれ異なる学問の記述に共通して登場していることから。

何か関連性があるようにも感じられますよね。

 

ちなみに霊界通信とは、高級霊霊媒である霊能者を通してメッセージ、霊的知識を伝えたもので、スピリチュアリズムによる研究の一環です。

近代スピリチュアリズムの研究は19世紀半ばから始まり、心霊実験の検証は多くの科学者や医師の立ち会いのもとに行われました(フレデリック・マイヤース、ウィリアム・クルックス、コナンドイルなど)。

そして数々の実験により、魂や霊界の存在は科学的な事実として証明されることとなりました。

 

以上、第六感を裏付けられそうな参考資料のご紹介でした。

科学的なものの見方とは、目の前で起きた現象を観察することだそうです。

スピリチュアルなものの存在は、見過ごされているだけで。

まだこれからも新しい発見が見つかるかもしれない。

そう考えると楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました